コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

会社案内

コンテンツタイトル下地

株式会社 野口鉄工は、秩父地域のセメント製造会社、石灰製造会社の各設備の設計・製作・据付、修理を中心に営業を始め、創業70年を迎えました

鉄魂

豊富な経験と安全・確実な施工技術で明日の社会を支えます

株式会社 野口鉄工は1948年(昭和23年)創業以来、70余年にわたり、セメント製造会社、石灰製造会社などの各種機械装置の製作・メンテナンスという事業内容を通じて技術の向上をしてきました。

長年の経験と技術向上により、粉体設備の各種設計から製作・据付・メンテナンスを通じて、総合技術を確立し今日に至りました。

技術力と独創性、そして柔軟な発想力を

株式会社 野口鉄工の扱う製品は多岐に渡り、高い精度が要求される機械装置なども扱っています。これらの機械装置製作には、技術力と独創性が必要となります。そのため、日々の業務だけでなく、月1回の社内セミナーを通じて一人一人の技術力向上と知識の向上、柔軟な発想力の育成を目指しています。弊社は未経験の若い社員もプロに育てるためのカリキュラムを用意しています。

ビジョン

今後の事業展開について

各種粉体工業技術と経験の蓄積とともに秩父地域外の営業を拡大していきます。
今までに実績のある既存業種だけでなくあらゆる業種に対しての事業展開も行っていきます。

秩父地域活性化について

秩父地域活性化のためには、人口の減少を食い止めなくてはなりません。 そのためには多くの若い世代が定住できる社会が必要であると考えています。
弊社は若い世代の雇用を積極的に進め、社員の育成に努めていきます。

若い世代の雇用促進が認められ、2016年 ユースエール認定企業に登録されました。(秩父管内第1号・埼玉県内では3番目)

ユースエール認定制度とは

若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業を厚生労働大臣が認定する制度です。これらの企業の情報発信を後押しすることなどにより、企業が求める人材の円滑な採用を支援し、若者とのマッチング向上を図ります。

ユースエール 2016年度認定

会社概要

社名株式会社 野口鉄工
所在地〒368-0005 埼玉県秩父市大野原1412番地
TEL0494-23-1379
FAX0494-23-5241
資本金1000万円
役員
  • 代表取締役社長 野口一郎
  • 専務取締役 野口秀樹
従業員数25名
グループ会社ジェオエンジニアリング株式会社
関連協力会社6社
URLhttps://www.noguchitk.jp/

アクセスマップ

主要設備

製缶加工機械

  • 油圧式ベンディングロール【2400mm他】
  • 油圧シャーリング【3000mm×16mm他】
  • アングルベンダー
  • バンドソー
  • イージープレス
  • プラズマCADCAM
  • プラズマ切断加工機
  • エアープラズマ
  • エアープラズマミニ
  • CO2半自動溶接機
  • TIG溶接機
  • 交流・直流溶接機
  • コンプレッサー

工作機械

  • 12尺旋盤
  • 8尺旋盤
  • 6尺旋盤
  • 5尺旋盤
  • 立中ぐりフライス盤
  • セーパー
  • 直立ボール盤
  • 卓上ボール盤

クレーン設備

  • 各ホイストクレーン【2.5t~2.8t 9台】

受電設備

  • 容量 81KVA

主要取引銀行

  • 武蔵野銀行 秩父支店
  • 足利銀行 秩父支店
  • 埼玉りそな銀行 秩父支店

事業内容

  • 化学プラントの設計・加工・修理
  • 鉱山機械の設計・製作・据付及び修理
  • 各種タンク・ホッパーの設計・製作・据付
  • 粉体輸送機の設計・製作・据付
  • 集塵機の設計・製作・据付
  • 各種配管工事
  • 重量・軽量鉄骨の加工建方
  • 各種部品機械加工

会社沿革

昭和23年 4月
秩父市上野町に野口製作所を設立、機械部品加工業を始める。
昭和23年11月
秩父セメント株式会社(現太平洋セメント株式会社)協力工場に指定され、セメント製造プラント各設備の製作、修理を始める。
昭和45年 4月
製缶加工・機械加工・配管工事・機械据付等業務拡張のため秩父市大野原に大野原工場を開設。
昭和49年11月
大野原工場第1期拡張工事完成。
昭和57年 1月
株式会社野口鉄工を設立、野口製作所から法人組織に改組する。
昭和57年 8月
大野原工場敷地内に事務所棟(2階建て)完成。事業本部を置き業務の多様化を図る。
昭和57年11月
大野原工場第2期拡張工事完成。
平成 2年 4月
大野原工場第3期拡張工事完成。(機械加工場棟完成)
平成10年 6月
製品ヤードに屋外クレーンを設置。
平成17年 7月
本社を秩父市上野町から秩父市大野原に移転。本社と大野原工場を統合。
平成19年 2月
プラズマ加工場完成。(プラズマ加工機導入)
平成21年 4月
CAD・CAM管理棟完成。
平成25年 1月
駐車敷地の車庫屋根に太陽光発電システムを設置。売電事業を開始する。
平成28年 9月
厚生労働大臣より「ユースエール認定企業」として認定を受ける。
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る